ゼロカーボン

特定非営利活動(NPO)法人 CO2バンク推進機構
『ゼロカーボンさみっと2021』展示・体験コーナーの紹介

ゼロカーボン長野プログラム事務局

 

グリーンインフラ資材展
■展示風景(photo)

■インタビュー動画 YouTubeで見る>>>

☆グリーンインフラの資材(株式会社リッチエード)

■展示コーナーの説明
沿道の街路樹は、落ち葉やムクドリの影響で迷惑がられることもありますが、「雨水貯留浸透基盤材」と「保水性ブロック」を用いることで、まちの温暖化防止や冷却効果に貢献することができます。芝生広場では、雨水が浸透しやすい機能を持たせることで、下水道にかかる負担を軽減でき、十分な蒸散量を維持しながら良好な生育環境をつくることができます。

■さらに詳しい情報

株式会社リッチエード

▲展示・体験コーナー(WEB版)メニューに戻る▲

☆保育ブロック緑化工法、フジミン吹付工法(北陽建設株式会社)

■展示コーナーの説明
【保育ブロック】
土壌と有機物と肥料を混ぜ合わせて筒状に加工した育苗ポットです。 根系生長を促し早期に緑化できることから、 法面から住宅の庭まで幅広いインフラ整備に活用されています。
【フジミン】
森林や土壌に含まれる有機酸のひとつ「フルボ酸」からなる植物活性剤です。 発芽不良のグラウンドや保護が必要な法面に散布することで、ムラなく早期に緑化することができます。

■さらに詳しい情報

北陽建設株式会社

▲展示・体験コーナー(WEB版)メニューに戻る▲




☆グリーンインフラ体験コーナー


■展示コーナーの説明
日光に照らされて暑くなった舗装やエアコンからの熱風などで、市街地の日中の温度は急上昇します。ヒートアイランド現象と呼ばれているこの現象は、芝生や樹木を増やすことで緩和されます。さまざまな効果のある緑のスペースをグリーンインフラといいます。
長野駅善光寺口駅前広場で、芝生と木陰のスペースを設け、舗装の表面と芝生の緑化スペースの表面温度を測定し、グリーンインフラの効果を実証試験しました。その結果を報告しました。結果は、下の「さらに詳しい情報」からダウンロードできます。

■さらに詳しい情報


▲展示・体験コーナー(WEB版)メニューに戻る▲


お問い合わせ>> zerocarbon.nagano@gmail.com